【蝉の抜殻C】

 

「まいき!みて!みてみて!あそこ!」

 

 


泣きやんだあたしに言った。

 

 


「あそこだって!」

 

 


弘樹が指差すほうには、大きな木があった。

 

 


『え?きがどーしたの?』

 

 


「どこみてんだよ!」

 

 


あたしのうでをひっぱり、

 

木の前まで走っていった。

 

 


「ほら!」

 

 


葉っぱの裏に蝉の抜殻が、くっついていた。

 

 


「わぁ!!せみのぬけがらだ!!」

 

 


まだ、しょんぼりしていたあたしを、

 

心配かけてしまった弘樹を、

 

すぐに笑顔に変えてくれた。

 

あの頃は何を見るにも、

 

今とは違って見えていたんだね?

 

 


『あっちにもあるよ!ほら!!』

 

 


「こっちも!みて!そこにも!!」

 

 


夢中になって蝉の抜殻を拾っていった。

 

虫かごがいっぱいになるまで。

 

動きもしない、ただの抜け殻なのに。

 

 


『ねぇ?ひろき?せみのいのちはみじかいけど、ちゃんとじぶんをのこしてるんだね?』

 

 


「そーだね?わすれてほしくないからかな?」

 

 


『きっと、そーだよ!わすれられたら、さびしいから。』

 

 


「ねぇねぇ!みてみて!」

 

 


振り返ると弘樹の服には、

 

たくさんの蝉の抜殻ついていた。

 

 


『うわぁー!せみにんげんだぁ!』

 

 


「いいだろー!!」

 

 


『いいなぁ〜!じゃぁあたしも!!』

 

 


あたしも服に蝉の抜殻をつけ、

 

蝉人間になって、公園中を弘樹と走り回っていた。

 

 


「虫かごいっぱいになったね?」

 

 


『うん!これいじょうはいんないよ!!』

 

 


そんなこと喋っていたら、

 

1人の少年に声をかけられた。

 

 


「それかっこいいね!!」

 

 


彼は、あたしの虫かごを指差して言った。

 

朝来た時は、誰もいなかったのに、

 

蝉の抜殻を集めるのに夢中になりすぎて、

 

人が増えていることに気がつかなかった。

 

彼は目を見開いて、

 

物欲しげに、指を手にくわえて見ていた。
 

 

 

『いいでしょ!』


 

 

 

「せみのぬけがらなんだ!!」


 

 

 

「いいなぁ〜!!」


 

 

 

「いいなぁ〜!!」


 

 

 

彼はその言葉ばっかし何度も言っていた。

 

 


『一緒にさがす?』

 

 

 

 

「うん!」

 

 


今まで、ずっと虫かごを見つめていた彼が、

 

初めてあたしたちに目を向けた。

 

この日があたしと弘樹が初めて、大和に会った日だった。

 

 

        【蝉の抜殻】

 

        〜END〜

 

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー